島根県出雲市の金属加工会社、ヨシカワ機械です。 ワンオフ・小ロットから大量生産まで、金属加工の事ならお任せ下さい。
株式会社ヨシカワ機械 〒693-0067 島根県出雲市矢尾町433番地
TEL 0853-25-3456
FAX 0853-25-3457
yosikawa@topaz.ocn.ne.jp
 
 
 

国土交通省NETIS登録番号:CG-000026
YSロックボルト逆巻き支圧装置/支圧板ロックボルト逆巻き工法は、従来工法に比べ約10~40%のコスト削減が可能です。
法面施工時の安全確保と災害の未然防止を図ることができます。
   
戻る
YSロックボルト支圧板装置 施工例

  1. 現場施工の省力化と安全管理の飛躍的な向上を図るロックボルト専用の支圧装置です。
  2. ロックボルトの潜在能力を限りなく引き出し、法面崩壊を抑制します。
  3. 2次支圧板の鉄筋組立及び法枠鉄筋の組立を省力化し大幅なコスト削減を図ります。
  4. YSロック1次支圧板と長期的な法面の安定を図る2次支圧板(吹き付けモルタル等)の合成構造で施工時点から半永久的に法面の安定を図ります。
   
戻る
YSロックボルト支圧板と在来工法との比較
  1. 施工時の安全が確保できます。
  2. 従来工法に比べ、コスト削減が約10~40%可能です。
    ロックボルト支圧板工法は,ロックボルト削孔グラフト注入後、2~3日で支圧板設置が可能です。
    従来のフレーム工法は,ロックボルト削孔グラフト注入後、フレームを組むまで約20~30日の期間がかかります。その間はロックボルトのみのせん断抵抗力しかなく法面崩壊に対して不安を残しております。
    支圧板設置した状態で、滑り土塊のせん断補強と土塊の拘束による支圧補強効果があり、施工時の安全確保と災害の未然防止を図ることができます。
  3. 支圧板(800×800×200)は、ロックボルト荷重8t/本程度の断面力があります。
    従来の300フレーム工法はスパン間隔:L=2mの場合、ロックボルト荷重5t/本程度以内が断面力の限界となります。しかし、支圧板工法では300フレームより強度断面力が約1.6倍の強度があることになります。
 
 
戻る
詳細資料 YSロックボルト

01. YSロックボルトって何?  
02. 構造と特徴  
03. タイプ選定  
04. 図面集  
05. 解散工事費および吹付法枠工とのコスト比較
06. 施工手順  
07. 積算資料  
08. 施工実績一覧
殆どの資料はPDF形式作成しております。
一部のデータは、EXECL形式やDXF形式(CADデータ)となっております。予めご理解の上でご利用下さい。
09. 実施例
10. 支圧板の設計計算
11. 参考資料
 
戻る
01.YSロックボルトってなに?
1 地盤を切り下げながら、軽量(19kg)高強度の支圧板を設け、補強鉄筋を固定できます。
2 最も危険となる、切土時の斜面安全性を確保しながら工事できます。 (図-1)
3 計画高まで切土後、法面保護工を行う際に、支圧板にモルタル吹付を行い、長期的な安全性を確保します。 (図-2)
4 その上で、安全で経済的な工事となります。
5 適用基準および参考文献
・ 切土補強土工法設計・施工要領H10.10JH日本道路公団
・ 道路土工法面・斜面安定工指針H11.3
・ 平成11年度中国土木学会発表論文「支圧板ロックボルト逆巻き工法の開発」
詳細資料メニューに戻る
02.構造と特徴

ロックボルトの施工性の良さ

現場作業員は人力で
YS支圧板を持ち込む

ナットを人力で締めるだけ

配筋、吹付け枠工

モルタルまたは
コンクリート吹付け

完成
詳細資料メニューに戻る
03.タイプ選定

1) 鉄筋間隔L(m)
注)参考資料
1.5m (標準) 図3
2.0m (吹付枠工の剛方面工を行い、定着地盤が良好な岩盤の場合) 図4
2) 設計張力Pa(kN) ← 必要抑止力算定を行い設計張力を算定
3) 許容支持力qa(kN/㎡) ← 地盤により決定する。  参考資料


① 図にPa,qaをプロット
② 設計張力より、YS支圧版タイプを決定
③ 梁幅B=0のラインより下の場合には独立版
④ 梁幅B=0のラインより上の場合には法枠使用
⑤ 法枠の梁幅を図より決定
詳細資料メニューに戻る
04.図面集
反力板種類 法枠 構造図 配筋図 展開図
独立板 逆巻き支圧装置 800×300
逆巻き支圧装置 800×200
独立板
+
吹付枠工
800×300 + □300×300
800×200 + □200×200
  YS鉄筋挿入工
  鉄筋挿入工
  その他の図面集
サイズ ボルト
呼び名
外径:d
(mm)
長さ:L
(mm)
入り数
(個)
構造図データ
D19-Φ45 D19
D22-Φ45 D22
D25-Φ45 D25
D19-Φ65 D19
D22-Φ65 D22
D25-Φ65 D25

YS球面プレート

YS 1次球面プレート

YS 2次球面プレート

詳細資料メニューに戻る
05.概算工事費および吹付法枠工とのコスト比較
詳細資料メニューに戻る
06.施工手順
詳細資料メニューに戻る
07.積算資料
詳細資料メニューに戻る
08.施工実績一覧表
施工実績一覧表
詳細資料メニューに戻る
09.実施例
 
詳細資料メニューに戻る
10.支圧板の設計計算 (仮設時・恒久時)
詳細資料メニューに戻る
11.参考資料
詳細資料メニューに戻る

 

 
 
戻る